天気予報、北は防寒と南は猛暑で気温差20度

驚きのニュースを観ました。
現在、近畿・東海中心に激しい雨が降っていて、この後、北陸や関東甲信でも局地的に激しく降る所があるようです。
明日にかけては北日本で、特に朝には北海道や青森中心に強く降るんだとか。
その後、日中も太平洋側中心に降り続き、この雨に加えて、気温が上がらないそうです。
昼すぎの気温分布を見ると、20度未満、15度未満のところもあり、最高気温は、根室で15度、帯広で17度。東北でも25度未満の所が多く、八戸で22度。
これに対して東海から西日本は真夏の日差しで、最高気温は高知で36度。熊本や名古屋・岐阜などで35度です。
北では防寒対策、南では猛暑対策をすることになります。
気温差は20度程度。
日本って小さい国なんですがこんなにも気温差が出るものなのかと驚きを隠せません。
寒くなったり暑くなったり変動も激しいので体がついていきません。
このツケが秋に来るというのも怖いですね。
なんとか乗り切ろうと思っています。http://www.cluster-west.com/